美容外科のクリニックの求人について

感謝の気持ちを忘れず、働いていきたい

クリニックで働き始めると、私と同じようなコンプレックスを感じている患者さんにたくさん会いました。
コンプレックスを感じることの大変さを知っている私は、それぞれの患者さんの話をゆっくりと聞くことにしました。
患者さんからは、聞き上手と言われることもしばしばありました。
患者さんの話を聞いてあげることによって、少しでも気楽になって欲しかったのです。
患者さんの悩みを親身になって聞いてあげることは、医師としてできる最低限のことであると思っています。
美容外科で働くことは、私の天職だと感じています。
二重まぶたの手術の仕事も従事していますが、この道で少しずつキャリアを築いていきたいと考えています。
これからは長い道のりが待っていますが、焦らずに目の前にある仕事に集中して取り組んでいくつもりです。
また、学び続ける姿勢を忘れないようにするつもりです。
大学を卒業した後も、勉強が全て終わったというわけではありません。
最新の医療が開発されている限り、医師として学ぶべきものはかなりたくさんあります。
美容外科の仕事と勉強を両立していくことは、大変なことでもありますが、好きな仕事なので頑張っていくつもりです。
また、一緒に働いている院長がたくさんサポートしてくれているので、感謝の気持ちを持つことも忘れないようにしたいです。
美容外科で働くことができて、幸せです。

容姿を指摘され、引きこもるように | きれいになりたいとの思いで前向きになれた | 二重まぶたの手術をして、自信を持てるように | 感謝の気持ちを忘れず、働いていきたい